きのうはたくさん雨が降ったね

「ねえ、かえるさん。」「かえるくん。」と、かえるくんは指を一本立てて訂正した。「ねえ、かえるくん、きのうはたくさん雨が降ったね。いろんなものが流されてしまったね。」

ほこら

帰り途、前田さんちの門灯に寄せられて、ひかりにおでこをつけたらまなうらでとても、明るかった。

けんじも知らないゆうまも知らないたくやも知らないわたしは明日みどりの窓口にゆこう。

「ほかのなにものでもないということを祠のなかではひみつにしてる」